LINEユーザーとオンライン接客ができる「LiveCall for LINE WORKS」をリリース

サービス関連
オンライン接客プラットフォーム「LiveCall ライブコール」を運営するスピンシェル株式会社は、ワークスモバイルジャパン株式会社が提供するLINE WORKSから手軽にLINEユーザーとオンライン接客ができる「LiveCall for LINE WORKS」を2021年1月にリリースします。

LINE WORKSは、LINEとつながる唯一のビジネスチャットとして100,000社を超える企業の新しい働き方を支援しており、LINEの使いやすさをそのまま踏襲したデザインは、社内コミュニケーションを円滑にするほか、LINEアカウントを持つお客様ともトークでやりとりができます。

一方のLiveCallは、大手アパレルブランドをはじめ、金融機関や行政、医療や旅行業など、多くの企業において導入されているオンライン接客のパイオニアです。企業の様々な利用シーンにおいても簡単にワンクリックで対面コミュニケーションを可能にし、多様なニーズに応える機能とユーザー導線を通して高い顧客体験を提供しています。

「LiveCall for LINE WORKS」は、LINE WORKSを利用している企業や事業主が、LINEアカウントを持つお客様とのビデオ通話によるオンライン接客を手軽に始めることを可能にし、カスタマーエンゲージメントを強化させます。

「LiveCall for LINE WORKS」ボットから簡単ログイン

LINE WORKS上の「LiveCall for LINE WORKS」ボットから、「ログイン」をタップするだけでオンライン接客用のLiveCallオペレーターコンソールにシングルサインオンすることができます。

 

LINEアカウントを持つお客様にオンライン接客用のURLを送信

同じく「LiveCall for LINE WORKS」ボットで「URLを送信」をタップすると、一回限り有効なオンライン接客用のURLが発行され、そのままアドレス帳から選択したお客様のトーク画面に送信されます。

 

利用明細もボットから確認可能

月末になると「LiveCall for LINE WORKS」ボットを通して、オンライン接客を行ったスタッフと管理者に利用件数と費用の明細が届きます。

 

ワークスモバイルジャパン株式会社の代表取締役社長・石黒 豊氏は次のように述べています。

「この度のLiveCallとLINE WORKSの連携を歓迎いたします。LINE WORKSの機能の一つである「外部トーク連携」機能は、外部のLINEユーザーともつながり、トークができる機能です。
昨今、コロナ禍の影響もあり、非対面営業やデジタル接客の場面でLINEを使った営業追客を行う企業が増えています。その中で、チャット(トーク)の延長でLINEユーザーとも「画面共有」や「ビデオ通話」を使ったやり取りがしたいというニーズも高まっております。
今回、LiveCallとLINE WORKSが連携することで、LINEユーザーとのトークの流れでシームレスに「ビデオ通話」ができるようになり、営業活動や接客応対がより一層便利になり、円滑に行われていくことを確信しております。
今後もLINE WORKSは、様々なソリューションとの連携を通じて非対面営業、デジタル接客推進における価値を提供してまいります。」

LiveCallでは、オンライン接客プラットフォームを軸として、場所や時間に縛られない様々なリモートサービスを展開していきます。

 

「LINE WORKS」とは

チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えた「仕事用LINE」です。なじみのあるコミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさのため、ユーザーの教育も必要なく、導入したその日から誰でもすぐに使えます。2020年9月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」※1では、3年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。
※1:出典 富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」

LiveCallについて

あらゆる対面サービスをリモート化することをミッションに掲げ、リテール業界のオンライン接客のほか、遠隔医療、オンライン中古査定、宿泊施設のリモートチェックインなど、様々な業界のサービスをリモート化するお手伝いを通して、時間と空間にとらわれないニューノーマル時代の接客のカタチを後押ししています。

お問い合わせ